News
お知らせ

1人暮らしの女性。急に入院、そのまま施設へ。家をどうしたら良いですか?

お悩み相談

豊橋市A町、1人暮らしの女性が、急遽、入院。家に帰れず、そのまま施設に入ってしまいました。女性は、家に帰るつもりで暫く様子を見ていたそうですが、体調がよくなく、とうとう家を売却したいとご決断されたとの事で、面倒見が良い女性の甥っ子からのご相談でした。女性のご主人は他界されており、子どもさんはいませんでした。
空き家になってしまったお宅を見せてもらいました。生活のままの状態。先ずは家の中の片付けから始めました。髙林建工では、必要な物だけ、先に引き取ってもらい、後は片付けをさせてもらいます。(別途費用発生)残念ながら、売却前に、女性は亡くなりました。その後、親戚の方が相続されました。高林建工でリフォームをさせて頂き、今は、親戚の方が住まわれています。
【担当者からの一言】
大切に使われていたお宅でした。亡くなった後、相続人が30名近くいる事が判明。司法書士がびっくりしていました。一番お世話になった相続人の子どもさんが住まわれることになり、きっと喜んでくれていると思います。いつ何がおこるか分からない今、自分の意思を尊重してもらうために、遺言書を残しておくと後に残された人にとっても、ご自分にとっても良いと思います。