News
お知らせ

法務局で自筆証書による遺言書が保管可能になります!

お役立ち情報

自筆遺言証書(遺言書の全部を自筆で書きあげる)は多くは、自宅で保管されます。そのため、紛失してしまったり、捨ててしまったり、書き換えられたりする問題があり相続の紛争につながる問題がありました。
そこで、相続の紛争を防止し、自筆遺言証書を利用しやすくする制度が創設されるようになります。
(施行日:2020年7月10日)

従来は自宅で保管してあった遺言書は、裁判所で検認の手続きが必要でした。検認手続きは、本当に亡くなられた人が本当に書いたのかを特定する手続きです。相続人を特定し、戸籍謄本を全員分が必要になるなど時間がかかり、相続人によっては苦痛が伴う場合がありました。今回の制度では検認が不要になります。

(補足) 全文を自書する負担を軽減するため目録についてはパソコンで作成した目録や通帳のコピーを添付も可能になりました。但し、財産目録の各ページに署名押印が必要です。(施行日:2019年7月1日)